赤鼻水がとまらず鼻づまりが続くと、寝つきも悪く苦しそうで見ていてかわいそう、親としてなんとかしてあげたいと思いますね。
わが子はハウスダストアレルギーのため、季節の変わり目になると必ず鼻づまりになってしまいます。

そんなときは部屋をなるべく清潔に保つよう心掛け、加湿器と空気清浄機をつけてそなえるのですが、
夜になると寝苦しそうにしている姿をよく見かけます。

そんなとき、ある芸能人の方のおすすめ商品として「鼻水トッテ」が紹介されていました。
鼻水トッテは耳鼻科の先生が考案された商品のようで、チューブとボトルが繋がっていて子供の鼻水を口で吸うタイプの鼻水吸引器です。

鼻水がでるたびにティッシュで拭いてもキリがないし、その都度耳鼻科へ行っても夜にはまた鼻づまりになってしまうので、
鼻水トッテを購入して使用してみました。

チューブの先端の丸い方を子供の鼻の入り口に軽く当て、反対のチューブの先端から吸い出してみたところ、ズルズル鼻水がチューブからボトルへ入っていきました。

チューブもボトルも透明なのでどのくらいの量を吸い出せたのかが確認できます。
私の場合、調子に乗って勢いよく吸い出していたら、子供がむせてしまったので様子を見ながら少しずつ行うのがいいかもしれません。

鼻水トッテの良いところは、小さな赤ちゃんから使用できます。
逆流しないように2本のチューブで吸い取る側とボトルに溜まる側にわかれていて、鼻水が吸う人の口に入らないように設計されているので使用する側も安心して行えます。

我が家では毎シーズンお世話になっている必須の育児アイテムです。
鼻づまりを感じると子供からやってほしいと頼まれることもあるくらい活躍しています。

鼻づまりが解消されないと口呼吸になってしまい、赤ちゃんの場合、ミルクを思うように飲めないかもしれません。
小さいお子さんはまだ上手に鼻をかめないので放っておくと中耳炎になってしまうおそれもあります。
うちでは耳鼻科、小児科の受診と合わせて家庭用の鼻水吸引器を利用してケアしています。