季節の変わり目になるとテレビでお掃除の便利グッズや家事の特集が放送され、
お風呂のカビ対策やキッチンの油汚れの落とし方などが映っていると、そのたびに(掃除が苦手な)私はテレビに注目してしまいます。

ダニやハウスダスト対策の番組の中で、間違った手入れをし続けえると布団の中が大変なことになるらしく、
効果的なお布団の手入れ方法からおすすめの布団用掃除機や布団乾燥機の紹介をしていました。私もなにかしなければと思い、
布団乾燥機を使用してみることにしました。 

なぜ、布団乾燥機を選んだかですが、眠る前に使用すればお布団も温められるので寒い冬に活用できそうなことと、
価格が布団用掃除機よりも手頃だったからです。
本体を縦置き、横置きと向きを変えられるので使用中や収納など、そのときどきにより置き方が選べるのも使いやすそうなポイントだと思いました。

操作方法は「夏」「冬」「節電」と3コースから選ぶことができ、「羽毛」「綿」「ダニ退治」により使用時間が変わります。
乾燥マットにはホースを接続するファスナーが3か所ついていてどの方向からでも使用しやすい設計になっています。

電源コードが伸びるのでコンセントがすぐそばになくても取り扱えます。
乾燥マットにはまくらポケットがついているので同時に枕の乾燥も可能です。
スイッチが4つしかなく難しい操作が必要ないので、説明書を軽く読むだけですぐ使い方が理解できるくらい扱い方も非常に簡単です。

節電モードもあり、通常のコースよりも時間はかかりますが、電力消費を抑えられる機能もついています。
収納のスペースが必要なことと、夏使用していると乾燥時暑いところ以外は満足しています。

今は布団乾燥機で乾燥させた後に掃除機でハウスダストの原因となる死骸を吸い取るという手入れを行っています。
布団をベランダに運ぶよりも気軽に作業でき、セッティングすればあとは待つだけなので使いやすいです。
ダニやハウスダストは目に見えないので布団乾燥機は布団干しよりも確実にダニ対策できるので安心感が得られます。