ADSLからauひかりへの乗り換えは、物理的に別回線ですから簡単に手続きを行うことが可能です。
auひかりの申し込み後にADSL側のプロバイダに解約の連絡すれば完了です。
ADSLの工事はNTT局社内工事のみですから自宅での工事は一切不要となります。

簡単とは言っても気を付けないとインターネットが使えなくなる期間が発生し、ADSL回線側から
2重で請求されてしまったケースもあります。
ここでは、ADSLからの乗り換えする注意点をまとめました。

ADSLで使われている電話回線とauひかりで使われている光ファイバーは物理的に別回線なので、
ADSL解約の際は、auひかりへの乗り換えに気を使わずに解約手続きを行えます。
しかし、解約時期を間違えてしまうとインターネットが使えなくなる期間のタイムラグが発生します。

ADSLと光回線は、併用する事もできるため乗り換えの際に短期間だけ両方使えるようにしておくことをお勧めします。
auひかりの申し込み後にKDDIから工事の連絡が着ますので工事日が確定します。

auひかりの工事日が確定後にADSLで利用していたプロバイダに解約連絡を入れて
解約日がauひかりの工事の後になるように相談することでタイムラグ無しで
スムーズに乗り換えが出来るのです。

フレッツADSLは、NTTによって提供されているADSL回線ですからADSLを使っている方は解約時の注意が必要です。
フレッツADSLの厄介なところはADSLの回線側の契約、プロバイダの契約が別になっています。

つまり、請求書を確認すると「フレッツADSL回線使用料」と「電話基本料金」が一緒にNTTから請求されて
別会社であるプロバイダからプロバイダ料金として別の請求書が届きます。

つまり、ADSL解約時にプロバイダまたはフレッツADSL、どちらか一方しか解約を行わなかった場合、
片方の契約は、続いている為、auひかり開通後で知らないうちに料金を2重に払い続けることになってしまいます。

なので、NTTとプロバイダ両方に解約の連絡をする必要があります。
もうすぐ、ADSLが終了となりますが、もっと安くお得な方法があります

近いうちに無くなってしまうサービスのADSLですが
ADSLは、安く使えてましたが遅いイメージがあり、光回線は速いが高いというイメージがあります。
実際、どれくらいの差があるかを調べてみました。

ADSLは、各社料金にバラつきがあり安くても3,000円程度でしょう
光回線の場合、戸建ての場合が5,000円、マンションで3,800円くらいが相場です。

しかし、マンションタイプで2,550円ですからADSLよりも安く済ませることが出来ます。
さらに、キャッシュバックも付いていますのでお得ですよね

実は、ADSLよりもお得になる人もいることになります。
「キャッシュバック・キャンペーン」が使えるのはADSLと光の大きな違いの1つです。
古いサービスのADSLは特に販売にも力を入れてませんので申し込んでもキャンペーンが無いのです。

光回線の場合、様々なキャンペーンを受けられます。
数万円もの現金キャッシュバックをしているところも多くあります。

つまり、料金だけで考えた場合、毎月の費用が高くなる光回線で
キャンペーンが無いADSLより高額キャッシュバックを
受けられる光回線に乗り換えた方がお得になります。

ADSLにこだわってしまうと毎月の金額が上がってしまいますので
お早めにauひかりに契約することをおすすめします。