和のイメージの強い京都ですが、実はパンの消費量は全国で1位で、たくさんの美味しいパン屋さんがあります。そのなかでも私のお気に入りは、『ル・プチメック』というお店です。

地元でも大人気のお店で、現在は京都市内に4店舗、新宿にも支店があります。すべてのお店に行きましたが、なんといってもおすすめは、今出川にある通称『赤メック』とよばれる本店です。

赤を基調とした店内は、パリのポスターやインテリアが飾られ、フランスのラジオや曲が流れていて、まるでパリのブーランジェリーにいるかのような気分になります。棚にはバゲット、カンパーニュをはじめとするハード系のパンやクロワッサン、タルト、サンドイッチがずらりと並んでいます。

私の一番のお気に入りのパンは、ミルクフランスです。ややソフトなフランスパンの中にミルキーな練乳クリームが挟んであります。

小麦のもちもちした歯ごたえと、クリームのハーモニーがたまりません。それからベーコン・エピや、生地にじゃがいもが練り込んであるじゃがいもパンもあれば必ず買います。夕食用にバゲット(ハーフにもできます)も買うことも多いです。

他の支店とは違って、本店にはイートインスペースもあります。赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスが、パリの気分を味あわせてくれます。

とくに旅行中だとなかなかパンを持ち買えるのはハードルが高いですが、店内で焼きたてのパンやサンドイッチをいただくことができるのは、とても嬉しいサービスです。

イートインだと、パンは切って温めてくれます。たくさんの種類のあるタルトも美味しいので、エスプレッソやカフェオレと一緒にティータイムとしても利用可能です。
朝8時からオープンしているので、朝食に訪れるのもいいかもしれません。

現在、本店は週末の金・土・日しか営業していませんが、パンが好きな人であれば、是非お店を訪れて、京都人に愛されるパンを味わってみていただきたいと思います。