私の気に入っているパン屋さんは、実家の近くにある「伊三郎パン」というパン屋さんです。現在、東京在住のため全く知らなかったのですが、帰省したときに家族が「美味しいから」と、連れて行ってくれたのでした。

伊三郎パンのパンはほぼ全部が100円で売られていて、例外でも200円とか300円で種類も限られています。今どき全て100円なんて信じられないと思って、きっと通常よりひと回り小さいとか、100円は数種類だけであとは150円とかで売っているのではないかと疑いました。

しかし、言ってみたら良い意味で期待を裏切りました。どれを取っても100円で、しかも見た目も美味しそうだったのです。もともとパンは大好きなので、あれも食べたいこれも食べたいと一度では選びきれませんでした。そのため、帰省中に三回も買いに行ってしまいました。

なぜこんなに安いのだろうと思って調べたところ、もとは京都発祥のパン屋さんで、品質を落とさず安さにこだわるために、セントラルキッチンと呼ばれるところで一括生産することで生産力を高め、協同仕入れをすることでコスト削減を徹底しているのだそうです。

また焼き上げるのは各店舗で行われるため、焼き立ての美味しいパンが消費者に届くというわけです。そのようなやり方は珍しくないのでしょうが、こんなにも美味しいパンが安く売られるのは「伊三郎パン」のパンへの追及が徹底しているからではないかと思います。

でなければ、京都から私の実家のある福岡県や佐賀県、熊本県まで広げられるはずがありません。九州制覇も近いのではないかと思います。

私のお気に入りのパンですが、調理パンでは「もっちりお焼き高菜明太子」と「チーズの羽根つき!きんぴらごぼう」です。野沢菜お焼きが大好きなので、高菜と明太子の入ったパンバージョンのお焼きみたいな感じでロックオンされました。きんぴらとチーズの組み合わせはお昼ご飯にピッタリな感じで、結構お腹にもたまってハマりそうでした。

菓子パンでは選ぶのが難しいですが、「生クリームあんぱん」と「さつまいもスティック」が良かったです。あんぱんがもともと好きなので、それに近い感じのパンがお気に入りです。私は三回行っただけですが、家族の選んだ
パンも積極的に試食しました。

結論としては、どれも100円以上の美味しいパン達、ということでした。
もし東京に進出することがあれば、絶対に買いに行きたいと思います。