お店を開く場合、現金払いだけではやっていけませんので決済サービスを利用するわけですが
決済サービスが使えるようになるまでに日数がかかったり審査が通らなかったりで
不便を感じる方もいらっしゃいますよね

クレジットカードと電子マネーの両方が使える決済端末1台で決済できるサービスははAirペイだけです。
両方使えることでお客さんも迷わずにスムーズに購入することが出来るのが特徴です。
主に導入することが出来る飲食店、美容サロン、アパレルなどの小売店が使えるには非常に便利になったものです。

メリットとしては、AirペイメントとAirレジとの連携が可能で
手数料は、全サービスで最安水準(Square以外のサービスが同等に使えます。

しかも、振込手数料が無料で電話サポートが23時までなので安心して利用することが出来ます。
その他では、暗証番号が使えるのでなりすましなどのトラブルを防止することで出来ます。

月額固定費もかからないし、クレジットカードの決済金額の上限はなく、
交通系の電子マネーの決済金額上限は20,000円まで利用することが可能となっています。

デメリットは、Air PAYを利用するのにiPhoneやiPadが必要です。
アンドロイド端末では使えませんのでお気を付けください・

使えるカードですがVisa・MasterCard®・JCBなど6種の主要国際ブランドカードとSuicaなどの電子マネーが使え、
iPadかiPhoneと専用カードリーダー1台を使ってカンタンに使うことができます。
日本ではJCBを使う方が多いですが最近では、海外の方も旅行でお土産を購入する際にマスターカードを利用する機会も増えてきています。

決済手数料は、業界最安水準の3.24%からで月額固定費や振込手数料は0円ですからお得ですよね
また、Airレジと連携することによって注文入力から決済までカンタンに行えます。
これからお店を立ち上げる人には、以下の公式サイトで詳細を見ることが出来ますので検討してみてはいかがでしょうか?
↓ ↓ ↓