フィリップスノンフライヤーの使い方

最近でテレビを見て買ってしまったもの、
それは「フィリップスノンフライヤー」です。


私は子供の頃から揚げ物、特にコロッケが大好物で、妻が食事を作れない時によくお金を貰って晩御飯の
おかずを買ってくるのですが、安くて美味しいコロッケをついつい毎回買ってきてしまいます。


そんなコロッケ好きの私ですが、年齢も36になり、若い頃に比べてお腹周りの脂肪がずいぶんと
目に付くようになってきました。


やはり油物は控えるようにしないといけないと、頭ではわかっているけれど揚げ物を
断つということはかなり精神的に厳しい。
どうしたものかなぁ・・・と思っていたそんな時にこのフィリップスノンフライヤーをテレビで偶然目にしました。


このノンフライヤーは油を使わず、熱風で揚げ物を作ることができ、それによって油分をカットし、
カロリーもカットできるという優れものだということ、また油を使わないので安全かつ、
油の後始末からも解放されるということでまさに私にとってストライクな商品だったことから思わず買ってしまいました。


実際にノンフライヤーを電気屋さんで見てみると第一印象はとにかくデッカイ。
並みのコーヒーメーカーを通り越してバリスタレベルの大きさに慄きます。妻がこんなのは置く場所がないと後ろで非難を繰り返す中、押し切って購入して家へ持ち帰りました。


購入したからにはとにかく真っ先に試したいのはもちろん大本命のコロッケです。
我が家では妻が油の後処理を嫌がることと健康志向のためか、揚げ物は自分の家の台所では事実上禁止されています。


ですので、お店で買ってくるか、外食で食べるかしないと食べられなかったコロッケがついに我が家にも!!
タネを自分で最初から自分で作るのは大変なのでまずはスーパーで冷凍のコロッケのタネを買ってきてノンフライヤーを試すことにしました。


ノンフライヤーは温度と時間を設定することができるのでまずは10分ほどノンフライヤーを予熱し、
コロッケを並べます。中にとりあえず4つほど入りました。15分ほど200度で温めてみました。


出来上がりはどうもあとちょっとという感じだったのでもう5分ほど温めてみるとほどよくサクサクな感じで出来ました。
これで夢にまでみたおうちコロッケが楽しめるようになったのです。


ノンフライヤーはから揚げやエビフライなどもお手のものでしたが、天ぷらは残念ながらできないようです。
今後の製品改良で天ぷらにも対応してもらえたら新製品を買うのになぁと楽しみに待っている今日この頃です。


ページの先頭へ戻る