ガラケーからスマホに変えて得だったこと

10年ほどauで携帯を使っているが、初めてスマホにしたのは、iphone4sが出たあたりだった。
機種変更でスマホに変え、本体の分割代やら割引やらを加味した携帯代は、ガラケー時代よりは2000円ほど上がった。


しかし、個人的には許容範囲であった。
よく、高齢者はスマホが高いと言うが、値段はそんなには変わらない印象をもった。


●スマホにしたメリット
・慣れればガラケーよりも早く文字入力が可能になること。
・機種によるが、保存容量の多さ。
・アプリの多さ。
・高機能カメラ。
・インターネットのみやすさ。
・連絡方法の増加(lineなどのアプリ)
・メモやスケジュール管理が容易になった(メモアプリやevernoteなどのアプリ)。
・クラウドサービスが出てきたことによって、データのやり取りや管理できることが増えた 。
・あまり電話も、ネットもやらない人であれば格安SIMが安い。



●スマホのデメリットとは?
・料金が高い(個人的には変わらないとは思う)
・大型化が進み、画面が割れる危険が増した。
・バグが多い。
・基本的にいじるのにハマると歩きスマホの危険や肩こりが心配…。
・ブラインドタッチがほぼできない。(ガラケーではできた。)



現在、格安SIMが出て来ているが、個人的に気になっているのは通信量が使えば使うほどかかることである。
日本では無料のwifiスポットのインフラは完全に整っていないし、大手三社の定額通信料の方が使い勝手がよいと感じることが多い。
ネットや電話もあまり利用しない(そもそもそんな人が電話を持つ必要って…)人であれば、格安SIMの恩恵を受けることはできるかもしれない。


●通信について
年々、通信技術の進歩で速度の速いLTEが使えるが、地域によっては環境が整っていないところもあるので、
自宅にwifiがあると断然お得である。また、無料wifiスポットが増えて来ているので利用しない手はない。


スマホにしたいという方は、なんとなく決めるのではなく、メリットとデメリットを確認してからにした方がいいと思う。


ページの先頭へ戻る